SELECTED ENTRIES
SEARCH THIS SITE.
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
楽天ウェブサービスセンター
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
アフガンNGO伊藤さん、遺体で発見される
こういう記事が出るたびに、「そんな危険なところに何で行くの?政府の救助にかかる費用や手間も考えろ。」
という声も必ずでてきます。

確かにNGOの人が行くのも勝手ですが、それを助ける方も勝手にやっていること。
同じ自分勝手ならNGOの人のように自分の命を危険にさらしても人を助けることの
方が、よっぽど賞賛に値します。

それにそのうち勝手に助ける方は遺族とかに費用を請求するかもしれません。
自分勝手もそこまでいくかもしれないのです。

大体、日本はアフガンの米軍その他の多国籍軍の後方支援を自衛隊にさせている
わけで、アフガンの人たちに対して何らかの責任を負うべきでしょう。

危険だとわかっていても、「危険な地域こそ支援を必要としており、単純に活動を
自粛すればよいかといえば、それは難しい」とNGOの方の声がよくわかります。


「 日本人男性とみられる遺体が発見されたことを受け、アフガニスタンで農業や医療などの支援活動を行ってきた日本のNGOなどは27日、国外退避を含む対応を取り始めた。支援への熱意と安全確保という難題を突き付けられたスタッフらに動揺が広がっている。」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080827-00000970-san-soci


ipod
ipod 使い方


JUGEMテーマ:ニュース


| - | 11:25 | - | trackbacks(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 11:25 | - | - | - |
http://recentnews.jugem.jp/trackback/19
拉致8日前の伊藤さん、治安悪化に不安感…知人へメール
 アフガニスタン東部で拉致され、遺体で見つかった民間活動団体(NGO)「ペシャワール会」職員の伊藤和也さん(31)は、事件に巻き込まれるわずか8日前、日本の知人にメールを送り、現地での厳しい環境を伝えていた。 一方で、治安悪化を受け、順次スタッフが帰
| ブログニュース | 2008/08/28 7:47 PM |